60歳代、70歳代こそ整体師になろう!

60代、70代、… 感謝されて、働ける資格は?

あなたは定年後の20年以上を、社会から取り残されて、孤独な人生を送りますか。 
また、国の年金財政の状況を考えれば、定年退職後も、稼げる副業や仕事を持っていることが非常に重要です。

ストレスや痛みから多くの人達を救ってあげましょう!

60歳代、70歳代…多くの人に感謝される人生を送りませんか?
あなたの周りには、「膝痛」で歩くのもままならない多くのご婦人達、「坐骨神経痛」で生活に支障を来しているご老人達がいます。
また、多くの人達が腰痛・五十肩・首肩こり・不眠・自律神経失調等で苦しんでいます。
これらの人々を「痛み」や「ストレス」から解放してあげましょう!
60歳代、70代こそ活躍しましょう。
引退や隠居するには早すぎます。人生はこれから楽しくしましょう!
人生経験の豊富な貴方だからこそ「人の痛み」が分かるのです。
ご自分が腰痛・五十肩・ぎっくり腰・寝違い・肩こり等を経験していれば、施療法を学ぶのに更に有利です。

 整体 通信科

お支払い方法

教材お届け後の分割払い 13,800円×4回=55,200円
教材お届け後の一括払い 50,800円 
前払い(振り込み・クレジット・コンビニ) 48,000円(信用して頂いた特別価格です)

通信科教材見本

auto-0eOmSH.jpg
基本教材  基礎編・入門編・標準編・章別確認テスト
特別提供1 実技詳細DVD2枚(撮影時間約2時間)
特別提供2 リフレクソロジー教科書(37ページ  キャンペーン中のみ特別提供
特別提供3 ネットから通学で学ぶ整体教養論や一部の上級整体法が学べます。(ネットでリンクして学べるページ数は約200ページ) 
通信でもプロ整体師になれます。一昔前と違い、DVD等の動画で学べます。2000人以上の卒業生が副業開業で証明しています。(特技や家庭整体師として受講した人数は6000人以上です)
子教材とDVDの動画で学べますので、奥様など患者さん役がいればどなたでも習熟できます。
確かに、通学に比して周りに一緒に学び励まし合う仲間がいないので挫折しやすいのは事実です。
しかし、自分の都合に合わせてじっくり学べる長所もあります。
通信では、早い受講生は3ヶ月、平均で7ヶ月で卒業しています。
70歳から勉強して、現在78歳で現役で活躍している卒業生もおります。
手足が丈夫で健康ならば80歳以上でも現役で働けます。

整体師とは…?

どのような職業、どんな資格?

質問:整体師とはどのような職業ですか?

答え:整体師は、身体の歪みを調整するため、脊椎関節を中心とした身体の関節の可動性を調整し、筋肉のバランスを調整する手技療法を行います。
人々に「癒やし」と「健康」を与える職業です。

質問:整体師は国家資格ですか?

答え:いいえ、整体師は民間資格です。
日本国内においては、「あんま・マッサージ・指圧師」は国家資格で、「整体師・リフレクソロジスト・カイロプラクター・アロマセラピスト・エステティシャン」などは民間資格です。

質問民間資格の整体師が開業や副業でお金を貰って営業できるのですか?

答え:できます。安心して学んで開業して下さい。
これは過去に、国家資格者からの訴えに対して、「人の健康に害を及ぼす恐れのない施術は違法でない」という昭和35年の最高裁判所の判例があります。また、昭和47年に厚生省(現厚生労働省)から、「整体療法は、主に脊椎の調整を目的とする点において、あん摩・マッサージ・指圧と区別される」と認定されました。従って、「身体に害を及ぼす恐れがない施術」である事と「国家資格と異なる施術」ということにより、整体・カイロプラクティック・リフレクソロジーなどの看板を出して営業ができることになります。

資料を請求

60歳代から70歳代の卒業生の声!

千葉県 高野さん  71歳で入学

78歳(現在は80歳過ぎてます)の今でも現役整体師です。
高野 茂1
私が「整体師になろう!」と決心したのは、「71才」の時である。
そもそも整体を勉強しようと思ったのは妻に起因する。50年連れ添った妻はしばしば「腰が痛い、膝が痛い」と訴えていた。
近場の整骨院に行くのだが、2時間以上待たされる。
通院した日は、痛みが少し和らぐのだが、すぐにまた痛み出すこの繰り返しで、整骨院の医者からは、「基本的に、年なので治りません」と言われたそうだ。
見るに見かねて、「では、私が治してやろう!」と、ネットで出会った日本整体師認定協会の整体師通信講座を受講することにした。
整体師認定証が授与されるまでの約11間、毎日毎日、教科書の学習と、家内を練習台にして手技の訓練に励んだ。
数ヶ月した頃には、妻の腰痛と膝痛はすっかり影を潜め、痛みを訴えない。
私の整体師の道はこうして始まった。
身近な人達に、健康と癒しを与え、福祉の仕事・ボランティアなど様々な場面で社会に役立てることが出来ると思うと、限りない喜びが沸いてくる。
72才の私でも、苦労はしたが、自分と妻の健康を手に入れ若返り、人生の生き甲斐を見つけた。
整体ができると多くの人々から感謝され楽しい人生ですよ…。

神奈川県 平さん 64歳 で入学

60歳を過ぎてから整体を学び、東京のグランドパレスで修行し、2年後に開業、しかも、大変盛況だそうです。毎日、10人平均で施療し、患者さんに感謝され,元気に第二の人生を送っているそうです。
平
整体学院に入学するに当たって、60歳を過ぎていたので、記憶力と体力が心配でしたが、丁寧に教えていただき、無事に認定資格を取得できました。
卒業後すぐに、都内のホテルで修行のため働きました。
ホテルでは、この道2、30年という国家資格者と比べてもお客様の評判が良く、こちらの整体法は癒しと健康の最高の手技療法であると実感しました。
最近、友人の紹介で静岡方面で施療をしたところ大変好評で、そこのお客様の一人からマンションをお借りして開業しました。
信じられないほど好評で、一日に10人ほど施療しています。
私一人では施療しきれませんので、娘にも整体院を手伝わせるため、整体学校に通わせています。
整体は、資金がなくても、商品を仕入れなくてもよいので、手技技術さえあれば誰でも始められますね。

沖縄県 仲村さん 63歳で入学 

仲村さんは、退職後のために鍼灸資格を取っておりましたが、「気持ち良い治療も必要」と整体も学びました。お店は大変順調な経営だそうです。
仲村
生まれ故郷の沖縄で鍼灸整体院を開業しました。
定年後の第二の人生に鍼灸師の資格を取得しましたが、鍼灸の治療系だけでなく、癒しをテーマに開業したかったので、こちらの整体法を学びました。
何件もの整体学院の資料を検討しましたが、習得する手技は同じような内容で、鍼灸師の立場から見ると、学ぶ環境と学費以外はあまり違いは有りませんでした。
日本整体師認定協会付属整体学院は、学費が非常に安いのでその点のみ、内容的に心配でしたが、教えてもらった手技療法は非常に高度なものまで有り、国家資格を持つ私から見ても納得できるものでした。
鍼灸だけでは幅広いお客様に来ていただけないと思い、癒しの手技療法を研修したのは正解でした。
現在は、おかげさまで、鍼灸整体院を順調に経営しております。 

愛知県 浅岡さん 60歳で入学 

ご自宅で開業して1日に2から5人の患者さんが来院されているそうです。毎月、売上金の一部をユニセフとあしなが育英会に寄付なされているそうです。頭が下がる生き方ですね。
浅倉
看板は出さずに、簡単なチラシを作り、少しずつ渡しながらの運営です。
店舗代がいらないので、その分安くして、続けて来て頂けるようにしました。
最近では、力加減やタイミングなど少しずつ理解してきたと思います。
一日に2名から5名の予約です。
他の鍼灸やカイロプラクティック・整体に行かれた方々も多々おりますが、「今までで一番気持ちが良い、楽になるよ!」との言葉を何度も頂きました。
施療中にコクリコクリと居眠りされる方もおります。
私の甥が筋ジストロフィーで、又従兄弟が歩けなかったりの病気で、少しでも良くできるようになりたいと思います。
こちらの整体学院に出会えて本当に良かったと思っております。
ユニセフと足なが育英会に毎月寄附の形をとりました。
ほんの恩返しみたいな…
これからもよろしくお願いいたします。

秋田県 畑中さん 63歳で入学

訪問整体を始めて1年後には、満足したお客様からの、紹介に次ぐ紹介で、感謝されながら、副業で月に20人から30人を施療、充実した人生だそうです。開業後、髪を染めたら皆様から若くなったと褒められています。見かけだけでなく、整体の適度な運動が体も若返らしてくれているようです。

パートで生計を立てていましたが、60歳を契機に、将来の金銭的不安から、副業で収入を増やしたいと思い、整体師を目指しました。
ネットで調べると、どこの学校の通信講座も20万から30万円以上と高額でした。こんなにかかるのか…とあきらめていましたが、偶然にも激安の日本整体師認定協会に出会い、受講を決めました。
卒業後、今までの仕事を続けながら、休日や空いている時間に、訪問整体を始めました。
初めは、宣伝方法も分からず、月に10人程度しか施療できませんでしたが、1年後の現在は、お客様からの紹介も多くなり、月に20人から30人と増えてきました。
わずかな年金だけでは、これからの老後が心配でしたが、整体を習い、本当に人生を変えることが出来ました。
今後も困ったことがあったら、よろしくお願いいたします。

愛媛県 山中さん 65歳で入学

定年退職後に自宅で開業。ご近所の人達の膝痛や腰痛を治し感謝される人生を送っているとのこと。瞬時に痛みを解消する手技の研究が今後の課題だそうです。
定年退職して、最初は毎日が日曜日を満喫していましたが、1年も過ぎると、「このまま老いていくのか…」という喪失感…。「このまま終わりたくない!」という感情が沸き起こってきました。
何をするか?考えながら、そうこうするうちに3、4年が過ぎ去り、パソコンでやっとたどり着いたのが、医療系の整体師でした。
65歳から整体法を身につけられるかが心配でしたが、70歳から80歳過ぎの卒業生が整体師として活躍しているとの説明で、格安でしたので、日本整体師認定協会の通信講座を始めました。
卒業後は、なるべく経費をかけないで、自宅の8畳の和室にベッドを入れて開業しました。古い家なのでお恥ずかしい次第ですが、写真を添付しました。
新聞折り込みを使い、現在では、自慢じゃないですが(本当は少し自慢ですが…)1ヶ月に50人以上は施療します。
整体で生きがいを発見できました。
資料を請求

新潟県 平田さん 65歳で入学 

人生後半を過ぎて、子供も成長し、いざ、自分のことを考えると、これから先、何を目標にして生きていこうかと、空しさと不安だけが残る毎日でした。
そんな時に、日本整体師認定協会のサイトに出会いました。
迷わず、入学し、1年後に卒業。
自宅営業ですが、脳梗塞のリハビリや膝痛のご老人には、ご自宅まで訪問して施療しています。

山口県 出井さん 70歳で入学 

定年退職して数年過ぎた頃。自分は何のため生きているのだろう?社会に何の役に立ているのだろう?このまま死を待つのか?
自分のこれからの人生に自信を無くしていた時期に、日本整体師認定協会のホームページをみて「これだ!」と入学。 どのような施療が痛みを解消できるかの研修で一年後に卒業。
現在は、患者さんのお宅に伺っての施療中心です。夕方に伺って庭師のご主人のぎっくり腰を施療した後は、楽になったと、晩酌をお相伴するなどゆっくりとした整体師人生です。
今のところ、売り上げは月に10万円弱ですが、町の多くの人々と知り合いになり感謝される整体師の資格に感謝です。

資料を請求

ご夫婦で第二の人生を計画するのも楽しい…
多くの人を「痛み」や「ストレス」から解放して感謝される人生を!